プロフィール

和地ひとみ

和地 仁美(わち ひとみ)

1970年(昭和45年)9月27日生まれ 二人姉妹の長女

出身地:
群馬県藤岡市
血液型:
A型
学  歴:
1989年3月 埼玉県立本庄高等学校卒業
1993年3月 武蔵野音楽大学 音楽学部 声楽学科卒業
2006年10月 Ashton College(Vancouver、 CANADA)
Human Resources Management Diploma Course 終了

生い立ち・職歴など

  • 1970年 東京都北区生まれ。父の転勤で1歳から群馬県で育つ。
    幼稚園からカギっ子で、女性が働くことの大変さを子供ながらに実感。
    活発でリーダーシップを発揮する場面が多く、小学校で児童会長、中学校でも生徒会長を務める。
    高校は共学の公立高校に進みたく、隣接する埼玉県立本庄高校に進学。
    (当時、群馬県の普通高校には共学がなかった)
  • 大好きな音楽を究めたいとの思いから武蔵野音楽大学に進学、卒業。大学院進学をめざし一浪するも不合格。
  • その後、地元の群馬に帰り、山奥の小学校で臨時教諭として担任を2年勤める。
    モットーは「子供を子ども扱いせず、真剣に向き合う」校長先生が心配するほど本気で子どもたちとぶつかったことも。
    晴れた日は山へ川へと屋外で授業を実施。「元気印の先生」「おてんば先生」として保護者・生徒から親しまれていた一方、子供たちからは「厳しい先生」と一目置かれていた。
  • 自分自身が小学校入学から通った場所が「学校」しかないことに気づき、また、公務員としての働き方に少々疑問を感じ、一般の社会で挑戦するために退職。
  • 1996年~2004年 (株)シートゥーネットワーク(※スーパーマーケット「つるかめランド」等を経営)勤務 社員70名余りの未上場企業が東証一部上場まで成長する中で、会社と共に成長をした9年間。
    • バブル崩壊直後であったため、生きるために大切で一番身近な食を扱う企業を選択。
      また、経営者のそばで仕事をすることで多くを習得できると考えていたため社長秘書として応募し、採用される。
    • 入社半年後、「現場をしらなければ幹部にはなれない」と感じ、現場へ。
      女性初の店長として埼玉県越谷市の新店の店長を拝命。経営に必要な「人・モノ・金・情報」の管理を行う。
      充実した毎日を送りながらも、多くの失敗もし、自分の負けん気と思いだけではうまくいかないことを学ぶ。
    • その後、多店舗出店のための業務フローマニュアル、教育ビデオなどを作成。
      また、新規店舗の立ち上げ屋として、首都圏の店舗を飛び回る。
      また、新規事業(惣菜店)の店長も拝命、事業を一から立ち上げる難しさを経験。
    • 内部監査室室長、お客様窓口責任者を経て、人材の重要性を実感。人材教育マネージャーを拝命。
      本部社員となってからもすべての回答は現場にある、一緒に汗を流すところから信頼関係が生まれるとの思いから仕事の半分は現場で行った。
    • 採用やM&Aにて様々な社員と接する中で、人の価値観の多様性を目の当たりにし、人材育成のむずかしさを実感。また働く意味を深く考えさせられる。
    • 英国テスコ社(当時世界第6位の小売業会社)へのTOBにより、外資系企業に。
      人材開発部長を拝命。欧米企業のマネジメントの違いを実感。新たな挑戦をしたく、同社を退職。
  • 人材関係のコンサルティング会社にてシニアコンサルタントを務めるも、欧米式マネジメントの不思議、人を活かす経営について学びたく、留学を決意。
    • 留学先のカナダで様々な国籍の若者とふれあい、日本人の弱さを感じる。
      また、外から見た日本に対し、漠然とした不安を感じた。
  • 帰国後、成長途中のベンチャー企業を希望し、(株)レーサムに入社。
    特別プロジェクトの責任者のほか、新たにCRの取り組みとしての広報業務、営業支援業務などを行う。
  • 2011年4月、初当選。市議会では厚生文教委員、建設環境委員、広報委員を務める。
ページトップへ
Copyright (C) Hitomi Wachi All Rights Reserved.