議会での実績など

2期8年間の議会活動で実現できました。

市政の改善、充実は要望だけでは実現しないと和地ひとみは考えています。
今まで2期8年間の議会定例会での一般質問や常任委員会での活動を通し、様々な課題については具体的な改善方法を提案する形で指摘してきました。その結果、多くの改善が実現しています。
  • 文字も読めなくなり老朽化が著しかった市が設置している看板、掲示板、注意書きについて指摘。修理、撤去などされ改善されました。
  • 東大和市の教育費は都内でも下位にあることを指摘したことで教育費は毎年少しずつ増額しています。
  • 分かりにくかった保育園入園申し込みの事務や情報提供について指摘。ホームページも見やすく改善され、利用希望者への情報提供や対応も改善されました。
  • 新学校給食センターには食育の観点から見学や試食のできるスペースを要望し、実現。稼働後は新たな給食センターを活用した食育の充実と食育授業の回数も増えました。
  • 経費を上げず市報をカラー化し、“読みたくなる”、“伝わる”を実現しました。
  • 税金で作成した市の資産である市刊行物の在庫が4000万円以上を指摘し、台帳が作成されました。
  • 公園の役割と市民ニーズを伝え、人が集いたくなる「“特色ある公園”への取組みに向けた整備」を推進しました。
  • 市民と共有できる“(仮称)子ども・子育て憲章”の制定の必要性を伝え、制定に向けての取り組みがスタートしました。
  • 定員の増員を図るための民間学童保育の導入を議会で取り上げたことにより実現しました。
  • “市民協働”を推し進めるために、各事業の事業評価シートに「市民協働の可能性」を記すスペースの必要性を議会で取り上げ、事業評価シートに追加されました。

議会などでの経歴

•厚生文教委員会(委員長)•広報委員会(副委員長)・環境保全審議会委員・青少年問題協議会委員
•学校給食センター運営委員会委員・平成30年予算特別委員会委員長
•平成31年4月より東大和市監査委員

ページトップへ
Copyright (C) Hitomi Wachi All Rights Reserved.